全国高等学校長協会入試点訳事業部〜共に学べるフィールドを創る〜

このページの本文へ移動

点訳事業部ロゴマーク

点字を触読している写真

ここから本文

お知らせ

「新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応について」
 試験点訳業務の確実な遂行、および点訳業務に携わるスタッフの健康・安全のために、入学試験等の試験点訳につきましては前日までの事前点訳を原則とさせていただきます。
 事前点訳におきましても、「3密(密閉・密集・密接)」を避けるための場所や設備等の確保につきまして事前に相談させていただきます。事前点訳が難しい場合は、個別に相談・対応をさせていただきます。
 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

令和2年7月27日、28日に開催を予定しておりました令和2年度 視覚障害教科教育研究会(福井大会)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
主管の福井県立盲学校と相談した結果、中止することといたしました。
ご予定頂いていた皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
なお、来年度の同研究会の開催予定については、本ホームページおよび盲学校長会を通じて各校にご連絡させて頂きます。
令和2年 4月27日 
全国高等学校長協会入試点訳事業部
理事長 鳥山由子

入試点訳事業部

 入試点訳事業部は,大学の入学試験問題等を当該大学の依頼により点訳することを主たる任務とし,これによって,我が国の視覚障害者の大学進学をめぐる諸問題の解決に寄与することを目的として,1990年から活動しています。
 近年では,共生社会の実現に向けて,大学入学試験以外の試験点訳のニーズが高まってきました。それに対応して,視覚障害者の就学・就労等にとって有益と認められる種々の試験問題点訳とそれに付随する業務を依頼により行っています。また,点訳事業部自体の活動として,専門点訳技術者の育成や試験点訳に関する研修,視覚障害教育に関する専門研修等を企画・運営しています。

 その他、各機関の依頼により以下の点訳および墨訳を行っています。

パンフレットダウンロード